格安購入!「古家つき土地」のメリットとデメリット。

「古家つき土地」を格安にゲット!そのメリットとデメリット

「古家つき土地」とは、築10年以上の古い家が建ったまま売りに出されている土地のことです。これは、土地のみで売りに出されているものに比べて格安なことが多いと言われています。


その理由として、売り主は建物を解体する費用を削減して、土地を売却したいということが一つ。売り主としては、余計な費用をかけてないので価格に乗せられていないのではないでしょう。ということは、購入した方はその家をどのように利用するのか考えなければなりません。


建物の状態によっては、少し手直しすれば住めるようになるものもあります。解体して、新築の家を立て直さなければならないかもしれません。もしくは、柱や梁だけ残してリフォームできるのかもしれません。


土地の価格と、建物の状態のバランスを見て、メリットとデメリットを確認しましょう。いくら価格が安価でも、建物を全て解体する必要があったり、庭木や雑草を処分しなければならないのであれば、それらの費用がかさんできます。


逆に、更地と同じ価格ほどだとしても住居が少しくらいの手直しで住める状態になるのであれば、建築費用をかなり削減できるでしょう。


「古家つき土地」は古家の状態をしっかり確認することが重要です。


「古家つき土地」を格安にゲット!そのメリットとデメリット

土地探しには、「古家つき」の選択肢もある

土地探しには「古家つき」という選択肢も入れて。

古家のリフォームと新築

古家のリフォームと新築にかかるメリットとデメリット。

土地探しには、「古家つき」の選択肢もある
望みの更地が見つからないときは、こうした物件も視野に!
「古家つき」は、それでないと売れない広さがほとんど
築年が10年を超えると経済的価値が急速に下落
古家は中古住宅とはちがう
意外に手に入れにくい中古住宅
古家の傾き具合や劣化の状態などを、まずチェック
既存不適格建築物だとフルリフォームはできない
古家のリフォームと新築
全面改装でも最低限のリフォームでも意外な出費が
新築する場合は、土地代以外に解体費用も
ライフラインや庭木、駐車場、外構等は再利用を
古い家を直しながら住んでいくのもいい
構造補強をして、暗い室内を明るくする工夫を
味のある古材は捨てずにリサイクル
別に住居がある場合は、賃貸して負担を軽くする手も
「古家つき土地」を格安にゲット!そのメリットとデメリット土地探しには、「古家つき」の選択肢もある古家のリフォームと新築サイトマップ